夏の冷えにオススメのツボ

ツボ

冬は寒いのが当たり前で、インナーの重ね着やウールやフリースなどを着るなど暖かい格好をしていますね。しかし、夏には非常に薄着で過ごします。この時、オフィスやショッピングモール、電車などの冷房が効きすぎていて身体が冷えてしまった。もしくは元々冷え性で、ちょっとした冷房だけですぐに手足が冷えてしまう人、結構多いようです。冷えを防ぐために何枚か上に重ね着をしたとしても、一度冷たくなった手足はなかなか温まりません。そこで、そんな夏の冷えに役立つオススメのツボをご紹介しましょう。

クーラーで冷える夏

冷え性は女性に多いと言われています。その理由は、男性に比べて女性は筋肉量が少ないため体温を上げたり末端に血液を贈ることが難しかったりするため。冷え性で手足の末端が冷たくなるのは、体温を下げないために身体の中心に血液が集まってしまい、末端に血液が送られないことが原因です。この状態では、本来身体全体にいきわたるはずの血液が中心に集まってしまい身体にも負担となりますし、手足の冷たさでブルブルと震えてしまいますね。

体温が下がっていることが原因ですので、暑い夏だろうとクーラーが効いているお部屋であれば冷えは起こります。特に、男性と一緒にいるオフィスや電車などですといくら女性が寒くて冷房を切りたいとと言っても男性が暑いとなれば、中間をとってある程度の温度であっても冷房を切るわけにはいかなかったりしますよね。夏の電車でも車掌さんに訴えかける人もいれば、暑いと訴えかける人もいて公共の場では更に冷房を切るわけにはいかなくなります。

手の冷えにオススメのツボとは

陽池(ようち)。場所は手の甲を上にして手首の中央より少し小指側に移動したところにあります。指先でこのツボをぐりぐりと強めにマッサージしてみましょう。両方の手に対してそれぞれ3分くらい続けて行いましょう。

足の冷えにオススメのツボとは

足のツボは築賓(ちくひん)といって、場所は脚の内側のくるぶしから指3本ほど上あがって、ちょっとだけスネの方に移動したところにあるツボ。ここも指先でぐりぐりとマッサージしてあげましょう。指1本でマッサージが行いにくければ人差し指と中指の2本でぐりぐりしてもかまいません。陽池と同じようにそれぞれ3分ほどマッサージを続けてみてください。

下腹の冷えにオススメのツボ

女性によっては下腹の冷えは非常につらいものです。この時のオススメのツボは三陰交(さんいんこう)といます。このツボ、実は先ほどの築賓と非常に近い場所で、内側のくるぶしから指三本上がったまさにその場所にあるのです。つまり、三陰交と築賓をいっぺんにその周辺をぐりぐりしてやれば、下腹や足といった下半身をメインにツボを刺激できますね。

ご意見投稿お待ちしています!!