エアコンの節電方法とそのコツ

クーラー

エアコンの節電方法について説明しています。電気代を少しでも削減する為にはクーラー自体の機種の選択と、掃除、温度設定、運転方法といった項目があげられます。工夫することでクーラーの電気代を抑えましょう。

フィルターはしっかり掃除しよう

クーラーの内部にあるフィルターにホコリが詰まっていると
電気代がさらに加算されてしまいがちです。ここは
1年に1回は取り出して掃除機で吸い取りましょう。
風通しがよくなり電力も抑えられます。

クーラーは28度前後の設定が望ましい

温度は低ければ低いほど、電力を消耗します。
外の温度との差があればあるほど、クーラーの冷風を
必要としますので気をつけましょう。クーラーと扇風機を
併用すると、より節電になることは有名ですね。クーラー
から出てくる冷風を、部屋の中で循環させることが
できるような位置に扇風機をおくと良いでしょう。

クーラーの風量は自動に設定しておく

風量の自動設定は指定した気温にする為に、適度に
風量を自動調整してくれる機能です。ですので必要な時だけ
風量を上げてくれるので、余分な電力を消耗しません。

ドライ(除湿)モードはほどほどに

冷房よりドライのほうが電気代を節約できると思っている
人が多いようです。ですが、実際はそうではありません。
状況によってはドライのほうが節電になる場合もあります。

節電機能のあるクーラーを選ぼう

昔の型番のクーラーだと、節電を考慮した作りに
なっていないものが多くあります。古すぎると漏電
している恐れもありますので、電気代の増減はしっかり
チェックしておくと良いでしょう。クーラーを我慢して
外のカフェにいくほうが電気代よりお金がかかっている
ことが多いというのも有名な話です。

ご意見投稿お待ちしています!!