夏でも掛布団が必須な理由

布団

暑い夏は敷き布団だけ敷いてそこにゴロン!何も着ずに寝ていませんか?それは絶対NG!いくら暑い日でもお腹にはタオルケット一枚でもかけて寝るべきなのですが、その理由はなぜでしょうか?

寝ている間、体温が下がる

通常、私たちの平熱は35度台~36度台ですよね。しかし、お布団でスヤスヤ寝ている間は体温が下がっているのです。これは身体を休めようとする本能的なもの。ちなみに眠いときに手足が暖かくなるというのは、身体の末端から熱を放出すべく手足に熱が溜まっている状態なのです。こうして寝ている時に体温が下がっているということは、日常生活しているよりも身体は冷えやすい状態。クーラーをつけたまま寝る方もいるようですが、正直激しくオススメしませんね。

体温は下がり続けるのか

寝ている間に体温が下がるというお話をすると、「では、体温が下がり続けるのか?」という疑問をぶつけられることがありますが、そんなことはありません。身体が休息できる体温までしか下がりませんのでご安心を。また、冬に暖房を強めにしたお部屋で寝る場合は体温が下がりにくくなって深い眠りにつくことが出来ず、身体をしっかり休めることができないので、夏だけではなく冬にも色々と注意が必要なポイントですね。

暑い日でも使えるオススメの布団

体温が下がった時に更にお腹を冷やしてしまうと腹痛や下痢の原因となってしまったり、最悪の場合は風邪をひいてしまったり。かといって暑い時に何も着たくないですよね?そんな時にオススメなのがクールケット!素材自体が熱を吸収してくれるため、体温を吸収して表面温度を快適にしてくれる涼しい布団となるため、着ていても不快感はありません。せめてお腹にだけでもこのクールケットをかけておけば表面温度は快適ながらも身体を冷やすことがないので、風邪を引いたりお腹を壊してしまうようなことがなくなるのではないでしょうか。

ご意見投稿お待ちしています!!