エアコンと暖房無しで暖かく過ごす寝室を作るアイディア

暖かい部屋

寝室を暖かくする工夫とは

冬場はどんな家でも窓の所から、寒々とした空気が入ってくるものです。
そこで私は、ガラスとサッシの間に隙間風除けのスポンジクッション
はることにしています。 これで随分隙間風を感じる事が少なくなります。
このスポンジクッションは百均でも売っているので手軽に手に入れること
ができますので、すぐにでも対策することができると思います。

 

賃貸物件でも使える窓の断熱シート

また、窓ガラス自体に断熱シートを貼ります。
これは水だけで貼れるものなのでいつでもはがせるので、
賃貸物件であっても原状復帰が簡単なのでお勧めです。
このシートは冬のみならず、夏の暑さにも効果があるので
うちは全部の窓ガラスにしています。

そして、あとはいかに暖気を逃がさないかです。
寝る時などは、温かい空気を寝室に入るようにしておきます。
寝る時に部屋が温かいと、割と長い時間温かく感じるので、
朝方のみエアコンの暖房を付けると済むのでお勧めです。
朝、暖かいとベッドから出るのも容易になります。
朝は体の体温が落ちていますので、暖房でしっかりと
寝室を温めておきましょう。

エアコンに頼らず寝間着で工夫しよう

私の場合、パジャマを首まである物にすると、
布団をそう厚くしなくても温かく寝れる事が解り、
余分に重い布団の枚数が減らせました。
フリース素材の寝間着や、着る毛布も活用すると
エアコン無しでもかなり暖かくすごすことができます。

ボアシーツを活用してみよう

電気毛布や、電気アンカを使わなくてもボアシーツ
使用すると温かく寝る事が出来ます。
私の場合、本州の割と西側に住んでいるのでこの位の対処で
随分と温かく寝る事が出来ます。ボアシーツは熱を溜め込み
やすいので、本当に助かりますよ!ただし夏は暑すぎるので
季節によってシーツを工夫すると良いでしょう。

ご意見投稿お待ちしています!!