クーラーに頼らず涼しくする方法

cool

私は自分でも胸を張って言えるくらい汗っかきの暑がりです!だから実家に住んでいたころは夏はクーラーに頼りっぱなしでした。でもそれは実家に住んでいて、光熱費なんて気にしていなかった頃の話です。

クーラーに頼らない方法

一人暮らしを始めてからは、夏もなるべくクーラーに頼らないように生活しています。でも暑がりな私は、ただ暑いのを我慢する!なんていう事は絶対にできません。それなので少しでも涼しく生活するためにまずは扇風機を購入しました。

扇風機の力

扇風機だからと言って侮ってはいけません。風がある生活と無い生活では、体感温度は大違いなのです。扇風機を付けても真夏は暑い空気がまわっているだけになってしまいますが、私は霧吹きを扇風機とセットで使用しています。自分の体にシュッシュッと水をふりかけて扇風機の前に立てば、結構涼しく感じられるんです。

寝るときは保冷剤を活用

後は眠るとき用に、保冷剤を沢山用意しています。
眠るときに暑いとどうしても寝つけないので、そんな時には足の付け根にタオルを巻いた保冷剤をくっつけて眠っています。足の付け根は血管が沢山とおっているため、そこを冷やすと全身が冷えるのでかなりお勧めですよ。ただ低温火傷にならないためにも、タオルはしっかりと巻かないとダメですけど。

電気代をこれだけ節約できた!

一人暮らし一年目で迎えた夏は、クーラーを使いすぎて電気代が8,000円以上掛かってしまいましたが、最近はその半分の4,000円代で乗り切っています。今年の夏も工夫で乗り切るぞ~!

ご意見投稿お待ちしています!!