森の中の木漏れ日につつまれたベッドの作り方

緑のベッドルーム

森の中のベッドのように緑に包まれた寝室を作ってみました!

緑と木漏れ日に包まれて眠れるなら、きっと毎日の睡眠が楽しみになるのではないでしょうか。人生は3分の1をベッドで過ごすと言われています。だからこそ、ベッドルームのデザインにはしっかりこだわりたいものですね。今回、リフォームのテーマは「森のなかの木漏れ日に包まれたベッド」です。賃貸マンションで、しかも和室から洋室に簡易リフォームしたという体験レポートです。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

森のベッド

ベッドと布団は緑で統一、赤ちゃんも心地よさそうにスヤスヤ!
あえて全部緑で統一したシーツと、毛布、そして枕で森の緑を表現してみました。ここでポイントなのは、グラデーションにしている点です。あえて毛布はシーツより濃い目のグリーンにしてあります。これでベッドにメリハリがつきますし、森らしい深みが出ました。そしてベッドと敷き布団で段差を付けることで、森の起伏を表現しています。

観葉植物の照明

照明にはおしゃれな観葉植物ライトを採用してみました!
このライトには小鳥も付いているのでとっても可愛いんです。
明かりを灯すと、木漏れ日のような模様が壁一面に広がります。
まるで木漏れ日の中にいるような雰囲気に包まれます。

木漏れ日

ベッドに寝転んで上を見上げるとこんな感じです。
これは昼間に撮影したので白っぽい光ですが、夜間に見るとオレンジ色の優しい木漏れ日になってとっても綺麗なんです。

壁シール

後ろの壁には、壁シール、つまりウォールステッカーを貼りました。
これは最近流行しているといわれている、剥がせる壁紙の1つです。
賃貸でもリフォーム気分で使えるので重宝しますよ!

全体図

ロールスクリーンには調光できる横縞スクリーンを採用しました。
これは光の加減を調整できるので木漏れ日にピッタリ!
子供たちがよろこんでベッドの上にのって遊んでいます。
ちょっとした森の遊び場のように活用できます。
ベッドで遊ぶという発想につながる、森のベッドとなりました。

和室から洋室に変える賃貸リフォーム

実は今回、賃貸マンションの和室から洋室に改造するという、大胆なリフォームだったんです。賃貸の部屋ということは、後で取り外しが出来て元に戻せるリフォームをしなくてはなりませんでした。例えば畳をフローリングにリフォームする為に、フローリングマットを採用しました。これについては後日記事でレポートしますね!

ご意見投稿お待ちしています!!