扇風機で涼しく眠るコツ

涼しい部屋

お部屋の温度を下げるクーラーって確かに快適なのですが、昨今の節電やそもそもクーラーが苦手という方もいらっしゃいますよね。私もクーラーは実はかなり苦手なタイプですが、そんな方には扇風機を上手に使って少しでも涼しく眠れるコツをお教えしましょう!

身体に直接使うのはNG

扇風機を使って眠ると言っても、身体に直接風を当てて眠るとかいた汗を乾かしてくれる上、風が身体から熱を奪うので確かに涼しいのですが、絶対NG!扇風機を浴び続けて寝ると必要以上に体温を奪ってしまうために身体がだるくなったり、風を引くだけではなく消化器系の調子を狂わせてしまう原因にもなります。

扇風機を一晩中体に当てて寝ていたからと言って基本的には命にかかわるようなことはありませんが、もし元々病気を持っていたり、身体を冷やしたことによって他の原因が発生することもありますので、涼しいからと言っても極端な長時間当たり続けるのはNGです。

扇風機は冷たくするもの?

ところで、私たちが扇風機を使う時って「身体の熱が奪われる」ため扇風機は風があたるものを冷やしてくれるのだと思いがちですが、扇風機は「熱を奪う」のであって冷やすものではないのはご存知でしょうか?

アツい食べ物を食べる時、私たちはふうふうを息をかけますが、風を当てることで冷ます(熱を奪う)わけですが、冷たいものに扇風機をあてるともっと冷たくなるのかと言えば、逆にぬるくなるのが早まるだけ。これは冷たくなっているものから熱を奪う、この場合は外気の方が暖かいのでぬるくしてしまっているのですね。

風を回して涼しく眠ろう

扇風機を使って涼しく眠るコツは、空気を循環させること。体温は室温よりも高いため、身体の周りの空気は体温で温められています。そのため、空気を回してやれば身体の周りの空気も入れ替わって少しは涼しくなりやすく、体温も下がりやすい状態が作られます。方法はカンタン。扇風機を寝ている自分とは逆の、壁にむかって使うだけ。壁に当たった空気が部屋を流れますし、扇風機の後ろは逆に空気が吸い込まれていきますので、流れを作ることができるのですね。

ご意見投稿お待ちしています!!