ベッドの処分方法(より安く処分するには)

ベッド

ベッドの処分方法のポイントと料金

引っ越しや買い替えで、ベッドを処分したいとき、どうすればいいか悩む方も多い事でしょう。しかし市区町村の粗大ごみサービスを使えば、大抵1000円前後で引き取ってもらえます。(市区町村によって料金は異なります) 例えば、粗大ゴミセンターに電話して処分内容を伝え、コンビニ等で粗大ゴミ券を購入し、家の前に置いておくだけで、簡単に処分してくれます。エアコンのような電化製品ならリサイクル料金といった処分料金を別途必要とする場合が多いのですが、ベッドのような家具の場合はそういった割り増し料金は必要ありませんので、本当に手軽に処分できるのです。

ベッド処分方法

(布団やマットレスは別料金です、確か大阪の場合、布団1組200円、マットレスもそれぐらいの値段だったと思います)

市区町村の粗大ゴミサービスが使えないケース

ソファやベッド、椅子といった大型の家具の場合、大きさ的にドアから搬出できない場合や、重くて階段からおろせないといったケースも考えられます。市区町村の粗大ゴミ収集サービスは、自分で家の前まで出さねばならないので、そのせいでこのサービスを使えない方もおられるかもしれません。

しかしそういう場合の解決策としては、解体することで問題解決することも。大抵のベッドは、組み立て式で作られているので、ねじを回せばバラバラにできるケースがほとんどなのです。解体すれば家の外に搬出することも簡単です。しかし固くて解体できない、という場合はどうすればいいのでしょうか。

(1)引っ越し業者に処分してもらう

もし引っ越しをするタイミングでベッドを買い替えるなら、引っ越しの際、業者が処分してくれます。引っ越しの見積もりを出してもらうときに、処分するものはありますか、と聞かれますので、その際にベッドを指定しておくと、引っ越し業者が持ち帰ってくれます。無料の場合もありますし、少し料金がかかる場合もあります。

(2)民間の粗大ゴミ回収サービスを利用する

市営ではなく、民間の粗大ゴミ処分サービスを利用すれば、解体から運搬そして処分まで全部やってくれます。中古品の買取サービスといったサービスも世の中にいろいろありますが、管理人の経験上、そういう業者は、高級ブランド品や高価な電化製品以外は、まったく買取してもらえず、処分代だけで余計高くなってしまうというケースがほとんどでした。(粗大ゴミ回収専門業者のほうが良心的な価格でした。)ですので、買取といった言葉に騙されないよう、みなさんも気を付けてくださいね。

(3)家庭用電動のこぎりを使う

最近は、家庭用の電動のこぎり、というものがあるんですよね。よくテレビショッピングにも出ていますが、これは大変便利です。木材でもあっという間に両断してくれるので、ベッドを分解するのも楽になると思います。しかしベッドの材質によっては切断も難しいケースがあるので、要注意です。

ベッドを買い替えるお得なタイミングとは

以上のことを考えると、ベッドの処分は引っ越しするときが一番お得かもしれません。10年先のことを考えて、引っ越しするときはベッドやソファの買い替えを行っておくと先々、交換するときに手間をかけずにすみます。ベッドやソファも解体すれば持ち運びは簡単ではありますが、引っ越し業者に全部やってもらえるなら、こんな手軽なことはないですね♪ 管理人も引っ越しするたびにベッドとソファを買い替えています。

ご意見投稿お待ちしています!!